2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.30 (Sun)

合唱祭・音楽会目白押し

先週今週と、合唱祭や音楽会で弁層をする子が目白押しです。
教師としては、とっても嬉しいですが、とっても心配です。
特に小学校の伴奏は、うちの教室の学区の小学校は、
背伸びをした曲や伴奏が多く、子供たちにちょっと無理を強いることに
なります。
和音など、直せるところはもちろん直すのですが、
「小学3年生にはちょっと無理すぎ…」
「6年生でも、これは手の大きい子じゃないと到底無理…」
「このリズム先生でも、難しいよ」などというポップスの複雑な
リズムの曲など、さまざまな曲を持ってきます。
毎年、深~~~~いため息がでてしまいます。

今年もまたそうでした。

でも、伴奏をする子たちは、譜読みも早くこなし、早いうちに
しっかりと弾けるようになってくれましたので、
このままで行けば安心なのですが、ほんのちょっとした気の緩みで、
失敗することもあるので、終わるまでは安心できません。
でも、皆なら大丈夫、しっかりと弾いてくれることと思います。

先週の木曜日は、夫が勤めている学校の合唱祭、
昨日は息子が勤めている学校の合唱祭でした。
夫も息子も、一年間教えてきた方向がぶれていないか、
また、次へのステップアップのため、聴きに来て欲しいといわれ行ってきました。

夫の学校は昨年統廃合があり、昨年は、2つの学校それぞれの歌い方の差で、
夫が最初から教えている1年生以外は、思ったようなハーモニーが
作れなかったようでした。
今年は、落ち着いていて、どのクラスも良い演奏をしてくれました。
特に男子の発声がよかったので、なかなかグレードの高い演奏を
聴かせてくれました。

息子の学校の合唱祭も、なかなかの出来でした。
むしろ、合唱祭の流れを考えると、生徒達がよく訓練されていて、
なかなか見応えがありました。
クラス紹介など、原稿を見ながら話す子は1人もおらず、
どのクラスも、よく手を入れてありました。
特に2年生の学年合唱の『モルダウ』は、なかなか圧巻でした。

息子は、来月17日にオペラの公演を控えていて、
その練習、生徒達の合唱祭の練習・準備・PTA合唱の練習+オペラの練習と、
最後の数日は、体調を崩し、とても辛そうでした。
でも、その甲斐あって、先生方のみならず、PTA合唱の練習の方々にも、
『これまでの中で最高の合唱祭』とのお褒めの言葉を数々いただいたようです。

親の目から見ると、突っ込みどころがたくさんありますが、
とても有り難いことです。
ただ、オペラのため学校の先生方に了承していただいているとはいえ、
「ヒゲ」を生やしているのです。
もう!!!! 大っ嫌い!!!!
スポンサーサイト
21:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pianomotoyama.blog109.fc2.com/tb.php/273-a550c7dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。