2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.26 (Tue)

初詣

日曜日、分福茶釜の茂林寺と、日本7社の一つ、冠稲荷神社に
初詣に行ってきました。

分福茶釜は、小さい頃にお話や絵本を読んでいたと記憶しているのですが、
あらすじを覚えていません。

分福茶釜の話は…

 むかしむかし、あるところに、貧乏な古道具屋がいました。

ある日の事、古道具屋は一匹のタヌキが、ワナにかかっているのを見つけました。
古道具屋はかわいそうに思って、そのタヌキをワナから助けてやりました。

 次の日の朝、昨日のタヌキが古道具屋の所へやって来て言いました。
「昨日は、本当にありがとうございました。
お礼に、良い事を教えましょう。
隣村の和尚(おしょう)さんが茶がまを欲しがっていますから、
茶がまを持って行けば喜びますよ。
わたしが茶がまに化けますから、持って行って売って下さい」
そういうとタヌキはくるりと宙返りをして、素晴らしい金の茶がまに化けました。
 さっそく古道具屋が、茶がまを持って行くと、
「うーん、これは見事!」
と、和尚さんはタヌキの化けた茶がまを大変気に入った様子で、
とても高い値で買い取ってくれました。

 さて、新しい茶がまを手に入れた和尚さんは、小坊主に、
「この茶がまを、洗ってきなさい」
と、言いました。
 小坊主はさっそく、裏の川へ行って茶がまをゴシゴシと洗いました。
 すると茶がまは、
「いたい」
と、しゃべったのです。

 びっくりした小坊主はあわてて和尚さんにこの事を話しましたが、
和尚さんは信じてくれません。
和尚さんは、小坊主にお湯を沸かすよう言いつけます。
 そこで小坊主は、タヌキの化けた茶がまに水を入れて火にかけました。
すると茶がまに化けたタヌキは、びっくりです。
「あちちちち! お尻に火がついた!」
 タヌキは一目散に、山へ逃げていきました。

 その夜、タヌキはまた、古道具屋の家にやって来て言いました。
「二人で、町へ行きましょう。私がつなわたりをしますから、
人を集めて下さいな」

 次の日、古道具屋とタヌキは町へ出かけて、芝居屋を貸し切りました。
「さあさあ、世にも珍しい、タヌキのつな渡りだよ」
 入り口で古道具屋が大声で言うと、タヌキはつなの上を器用に渡りながら
腹づつみを打ったり歌ったりします。
「これは、珍しい。何て、面白いんだろう」
 タヌキのつな渡りは大評判となり、毎日押すな押すなの大にぎわいです。

 こうして古道具屋はタヌキのお陰で、大金持ちになったという事です。

やがてタヌキは病気を患い、茶釜の姿のまま死んでしまいました。
古道具屋は茶釜をお寺に運んで供養してもらいました。
その茶釜は茂林寺に今も伝えられているという話です。

茂林寺の山門から両脇にタヌキが並んでいます。

LINE_P2016127_130441.jpg

巨大タヌキもいました。

LINE_P2016127_130423.jpg

お参りをし、御朱印をもらいました。

LINE_P2016127_130416.jpg

我が家のワンコとタヌキのツーショットです。

LINE_P2016127_130431.jpg

LINE_P2016127_130436.jpg

冠稲荷神社です。

LINE_P2016127_130445.jpg

LINE_P2016127_130449_20160127222508631.jpg



スポンサーサイト
21:02  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pianomotoyama.blog109.fc2.com/tb.php/252-ca008406

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。