2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.28 (Wed)

帰国しました

昨日帰国しました。
娘が帰ってくるたび、日本の道路はまっすぐだと感激するのですが、
同感です。
道路がまっすぐなこと、日本の車の中では、普通の声で話せることなど、
当たり前のことに感激します。
家に帰り着き、お風呂に入りまた感動!
髪の毛を洗って、手触りがツルツルになり、また感動!
イタリアで髪の毛を洗うと、水の関係でギシギシな手触りで、
乾いた後ぼさぼさになるのです。
お風呂に入った後、洗い上がりがとてもさっぱりして
日本の水の上質さに感動!

飛行機の中であまり寝られなかったので、
夕食を作るのに買い物に行く気力がなく、
ありあわせのもので何とか作りました。
私がいない間、鍋ばかり食べてたので、
有り合わせでも喜んで食べてくれました。

帰宅してから、寂しかったのか、犬と猫が
ずっと私について周ります。
とってもかわいいです。
まるで、ドラゴンクエストのようです。

娘が歌についてイタリアでとても悩んでいました。
なかなか思ったように歌えないと言うのです。
行ってみて解ったことは、日本で歌っている環境とは
まるっきり違うので、発声を見失っていました。
音楽院のレッスン室は、トンネルのように響くので、
のはね返りを聴きながらレッスンをしていると、ちゃんと歌っている実感が
ないらしく、がなって歌っていたようです。
娘の真似をして歌い、私の喉がものすごく痛くなりました。
また、精神的な弱さからレッスンを受ける先生によって、
歌い方を変えていたりしたようです。
根本的な歌い方も、崩れていたようです。
歌は、自分自身が楽器なので、自分の声を聞きながら歌っていると、
その場所その場所で歌い方を変えてしまうことがあります。
音の跳ね返りを聞くのではなく、歌った時の自分の体の感覚のみで歌わないと
失敗するのです。
娘がその辺がわかってなかったらしく、イタリアでレッスンを受けるたび
調子が悪くなってしまうということを繰り返していたようです。

いろいろな原因を取り除き、これからどんどんいい歌を歌っていて
ほしいと思います。

去年の末、隣町のテアトロ(歌劇場)のオーディションに合格し、
2月から稽古が始まります。
1つの役に何人も合格しているので、実際に舞台に立つことは、
今回難しいとは思います。
実際に舞台で実績を積んでいる方が、2名ほど受かっていますから…
でも、せっかくの機会ですから、より良い状態で、練習に参加し、
経験を積んでもらいたいです。

イタリアで娘は、素晴らしい先生に出会い、すばらしい友達に出会っていて、
いろいろ成長を見せてくれました。
親としてとてもうれしかったです。

結婚してから今まで、1人で旅をするなどしたことがありませんでした。
いつも夫と一緒で、車を止めた駐車場でさえ場所を覚えることなく
暮らしていました。
家を空けることが心配でしたが、「大丈夫、心配しないで」と、
気持ちよく旅立たせてくれた夫と息子たちに感謝です。

これに味を占めた私…

次はいつ行こうかな
スポンサーサイト
23:57  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pianomotoyama.blog109.fc2.com/tb.php/236-f8ebad13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。